FC2ブログ

蔵王大志

今、一番好きな作家です。(BL系で)
実は、初めは男性の方かと思ってたんですよねー。名前だけで。単細胞なので。
男のくせに可愛い絵を描くなぁ。って。
きっかけはBL小説の挿絵でした。巻末の四コマ漫画が面白かったので、
もしかして、漫画とか描いてる人?と思って探したら、ザクザク出て来ました。
それが始まりですね。

キャラの顔がとにかく好き。特に可愛い系が大好物です。身体のラインも好き。
でも皆、いやに前髪が長い。まあ、漫画なんてどれもそんなもんすけど、
マジ長すぎねぇ?ってたまに思う。

前髪はさておき、大胆な線の絵も魅力だけど、ギャグセンスも好き。1つの作品の脇役が、他の話では主役になってたり、作品同士のリンクっぷりが激しくて
(裏を返せば手抜きなのか)全作品読まなきゃ気が済まなくなります。
それは同人誌にも波及していくので、そちらも死ぬ気で追いかけます。
(同人誌のハナシはまた今度)

つだみきよんとこでも書いたけど、求められたら身体を開く覚悟です。―― ウソです。


きっかけになったBL小説↓
キスの温度 (新書館ディアプラス文庫)キスの温度 (新書館ディアプラス文庫)
(2002/12)
久我 有加

商品詳細を見る

ついでにコノ作品のレビューですが、あんまエロくないです。そこが好きです。
しかし、胸キュン度はヒジョーに高いです。何かもう「胸がカユイ!」って感じ?

あらすじ(本書より)。。。
忘年会の夜、アルコールの酔いに流されるように麻生と寝てしまった智里。
それ以来、毎日のように部屋に来てはキスだけを繰り返す麻生に、智里は戸惑いつつも抗えずにいた。
―――以下略

胸の奥に生まれた不確かな感情に、もがき翻弄されてる智里が歯痒くてねー。
そんでもって、

あー、こういうキスされたい・・・。
と、ヨダレを垂らすこと請け合いです。エッチとかどうでも良くなります。
とにかく、チューなのですよ。キスという単語がやたらめったら出てくるくらいにチュー三昧なのですよ。


                            いや、そこまでではないかも知れないけど・・・。


「キス温」のサイドストーリーというか、麻生×智里の友達、
仲本×藤崎のハナシがコレ↓
光の地図―キスの温度〈2〉 (新書館ディアプラス文庫)光の地図―キスの温度〈2〉 (新書館ディアプラス文庫)
(2003/08)
久我 有加

商品詳細を見る

仲本→藤崎のことが好きなイケメン男子。
藤崎→可愛いくせに、、妙にオトコマエな性格。

まあ、読んで。


この2作品の素晴らしいところは、BL作品のほとんどが目を瞑っている
男同士のカップルの不毛な未来に、敢然と立ち向かってるんですよね。
ホモカップルには風当たりの強い世の中を、2人でどうやって乗り切って行くかとか。
彼らの身内も、現実世界の人達のように、そこんところを問題提起しているし。
ご都合主義な他のBL作品とはひと味違いますよ。

この作家(久我 有加)の挿絵を書いた事も手伝って、なおさら蔵王大志が好きになったのかも。


ブログパーツ