おっぱいが主役

初めて、おお振りを知ったのが昨年、宝島社の
「このマンガがすごい!2006オトコ版」
このマンガがすごい!2006 ・オトコ版 このマンガがすごい!2006 ・オトコ版
(2005/12/01)
宝島社

この商品の詳細を見る

を読んでなんだけど

使われてたのが4巻の写真
おおきく振りかぶって (Vol.4) おおきく振りかぶって (Vol.4)
ひぐち アサ (2005/07/22)
講談社

この商品の詳細を見る

だったので、すっかり

あー、この巨乳の人が主役なのかー

男子モエモエ漫画だなコレは。

と、的ハズレな事思ってた。


今回のDVD、
私が阿部モエする前の#1~#2収録。

この頃は純粋に、
「評判どーり、面白いな~」だったのに…。


今じゃスッカリ阿部のエロ声に骨抜きにされてる今日この頃。




次回第3話は、アベベ萌えの幕開けじゃー。


だってオマエ、頑張ってんだもん。

・・・ってんだもん。

・・・だもん。



ぎゃー


げ・き・も・えーーーーー!

泣きながらいうなよぉ。
罪だよ、つ・み。
オマエ、襲われても文句いうなよ。

あ、キミ、襲うほうか。
三橋、逃げてー!



スポンサーサイト

おお振り ♯11

「女子トイレ」ごときに頬を染めるハルナ。

か、可愛い~

今回は泉がよくしゃべったなぁ。
CM含めて、ちょっとした福山潤祭(ちなみに関東)

愛しの阿部くんの出番は少なかったけど、
ケイタイいじってるアベベが新鮮だったので許す。

メールとか似合わねー。
絵文字とか使ってたらヤダ。


なんだか埼玉県人である事が嬉しく思えた11話でやんした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。