FC2ブログ

子蔵屋読本 SWEET 10 DIAMOND

【子蔵屋読本 SWEET 10 DIAMOND】(子蔵屋10周年記念本)
子蔵屋sweet10

影木栄貴:トレトレ
蔵王大志:プリプリ
合作:Color番外編


可愛いミコっちゃんが裕史郎と亨にっっ!
恵の夢オチですが。
恵に言わせると姫3人がくんずほぐれつ

うきゃー!!!
見たかったような、見たくなかったような、見て良かったような。
(たぶん、きっと、絶対、・・・3つ目だけどね)

全体的な感想ですか?
エロ過ぎて悶死。
R18ってこういう事いうんだろうなって感じ。実琴が可愛い分そう思うんだろうけどー。
オマエ、実琴んコト、どんだけ好きなんだよ?

こんだけ好きっ!
可愛すぎる! 犯し 欲しい!



ブログパーツ

プリ・レボ

【プリ・レボ】(蔵王組)
プリレボ2

大っ好きなCP、実琴×恵(恵×実琴)本です!
この2人は【続・革命の日】から産まれたCPですが、ホントに微笑ましくて可愛いの。

1.プリ・プリの裕史郎と亨がこの2人がどういうHをするか妄想するハナシ。
 なので恵が女体化してます。(ちょっとイヤ)

2.姉、麻琴に「学生のうちはH禁止」令を出されて2人で抵抗するハナシ。
 実琴=ヘタ 前提で話している会話が面白い。
 実琴の反応が臍で茶を沸かすほど可愛い。(…ん? なんか使い方間違ってやしないか?)


ブログパーツ

腐女子の年齢制限

今日、旦那様とこんな会話を・・・


「ねぇ。アニメとか好きなのって何歳までいいのかなー。」

「いんじゃない?好きならずっと好きで。」

「でも、いい年こいてホモ好きとか言ってんだよ。やばくね?」

「いんじゃない?趣味ってのはリラックスするもんだし。外で言わなければ。」

え? 

それってやっぱダメなんじゃ?
私の言ってるのはそーいう事なんすけど。

CLANNAD #6

このパン屋、ぜってぇ流行らねェェェェー!!!



登場人物の女子を未だに把握してない。
渚・智代・風子だけは、分かる。
中でも風子が一番好き。
風子はワタシのヒトデだ!

Dグレ 「消失と再会」

リナリーーーーー!!!!

いやあ、リナリーがどうのうってんじゃなく、ついリナリーな気持ちで見ちゃいました。
アレンとスーマンのリプレイ、なんかフツーに見てるよりキツイかも。より濃縮されてて。
しかし、リナリーって意外と巨乳なのな・・・。

今回、面白仕立て進行されてたので、アレンの重さが、ささっと消えてった。
ミランダが出てきた時点で、すでにその匂いが。


                      うふふふふふふふふ。

  
ほらほら、ミランダが笑ってるよ。


             キャー!


――――――相変わらずデスネ。



それよりも、ラビですっ!
自分の萌えの傾向が最近分かってきました!
ラビですっ、ラビラビラブ!

ビラビラじゃないよ。  ラビラビラビラビ書いてたらそう見えてきたんで・・・。



アレンって、意外と胸板厚いのね。肩幅もなんか・・・残念・・・。 は?
次回予告のアレン・・・。 次回は、

激・も・え の、予かーーーん!!!


なんだか、ストーリーの感想ってより、ほとんど視覚的なそれでしたね。
寝不足で、萌える事以外には脳が働きません。



妄想ラブラブショウ!

J・GARDEN用小冊子総集編【妄想ラブラブショウ!】
妄想


・「僕たちは明日に向かって生きるのだ」
ポジションチェンジ編?

・「主のおおせのままに」

舐めかたが、こう・・・
「こ・んな風にされたらワタシ・・も・・う・・・」ってなる。間違いナス!

・「プリンセス・プリンセス」
 統威×秋良
「プリプリ」はBLじゃないので、普通は夢オチとか、妄想が多いんだけど、これは違う。
どーして良いか分からなくなる。テレる。
坂本様が心を開ける(ていうか頼れる)相手がやっと見つかって良かったね。って感じ。

・「プリンセス・プリンセス」 四方谷裕史郎×慎之助
原作では幼児だった慎之助(14)が、兄 裕史郎(26)と・・・
夢オチですがね。
慎之助が私好みに成長してて超可愛い!実琴みたい!



ブログパーツ

おお振り。やっと3巻だよ。

榛名ってイイ子じゃん!

おおきく振りかぶって (3)おおきく振りかぶって (3)
(2005/01/21)
ひぐち アサ

商品詳細を見る

3巻読み終わった最初の感想がそれです。
先日私に極悪同盟と言われた彼ですが、巻末の短編『基本のキホン!』を読んでイメージが変わった。
オレ様の裏側には色んなもんが潜んでたんすねー。
片思いのマネジに胸キュンしてるとことか、失恋しゃちゃうとことか、青い感じでいいなー。
ま、特技は【女子トイレと聞くと頬を染められること】ですからね。
UBUちゃんデスヨ。

マネジと言えば、この涼音という娘、表情もカラダもいちいちエロいよ。負けた・・・。
榛名、至近距離の悩殺オッパイで、鼻血出そうになってたもんね。
UBUちゃんですから。(しつこい)

おお振りのハナシ。
武蔵野戦『スゴイ投手』は、アニメ化で随分ストーリーが端折られてたから
新鮮な気持ちで読めた。プロテインのとことか。
アニ振りのこの回ではあんま出てこなかった、リオジュン&和さんが特盛りで嬉しい。
でも、私が骨抜きにされた利央のロザリオキッスは、アニ振りのが絶品すね!

アベベの、「やっぱ笑顔がいいね」は、原作でもオトコマエですなー。




ひぐちアサは女子なのに、チンコチンコ書き過ぎ!めっ!

僕たちは明日に向かって生きるのだ

僕たちは明日に向かって生きるのだ僕たちは明日に向かって生きるのだ
(2005/01/31)
蔵王 大志

商品詳細を見る

大野諒太×水落佑 鈍感ヘタレ攻め。

ある日突然学校に現れた男たちは、佑(たすく)を「あげまんの息子」だと言う。
自分たちを助けると思って寝てくれないか、と。
憤慨しつつも、その力を使えば宝くじ好きの幼馴染み諒太を落とす事が出来るかも知れないと考えた佑は、力を試すために自分と寝て欲しいと諒太に迫るが・・・
(本書紹介文引用)

てな理由で、諒太を押し倒す佑。
今まで、事あるごとに暴力をふるってきた佑のソレが、実はテレ隠しであったり、
尚且つ、佑の可愛い顔や色っぽい顔を見てしまった諒太は、佑への気持ちに変化が訪れ、その正体が「恋愛なのか友愛なのか」と悶々とするのです。

佑が、佑がっ!諒太のヒザに自分のピーを擦りつけてイっちy !!!!!
佑が、佑がっ!屋上で女子にーーーー!!!
佑が、佑がっ!体育倉庫の中で男子2人組にぃー!!!

そんな(どんなだよっ!)佑が、切なげにしてると、諒太のケツを引っ叩きたくなります。
そんな話です。


脇役ではありますが、二人の相談事に毎度つき合わされる勝山君が一番の被害者かと思います。
カップル成立した後も、ずーっと、性生活の愚痴(要はノロケ話)とか聞かされるのです。
友達同士のエロ話なんて・・・。聞きたくないでしょうねぇ。ご愁傷様です。

Jガーデン用小冊子総集編【妄想ラブラブショウ!】
に番外編があります。



ブログパーツ

主のおおせのままに

主のおおせのままに (ディアプラスコミックス)主のおおせのままに (ディアプラスコミックス)
(2005/01/31)
蔵王 大志

商品詳細を見る

こっこれはっ!いいの?
ほぼ半分が同人誌の再録なので、そりゃぁもう・・・

表題作【主のおおせのままに】ですが、表紙イラストのメガネ君が【主】です。
以前書いた、「前髪長っ!」と切に思ったのがこの人。
家でも学校でも何かと人の世話を焼いて頼りにされてしまう南条。
その南条が唯一甘えられる相手、浅水。

《てか、浅水はナゼ俺の世話を?他に有意義な事が他にあるんじゃ?》
という疑問を浅水にぶつけたとこからエロエロ急展開 発進!ズコーン!

という話。
巻末の、搔き 描き下ろしの方が凄いです。
番外編が同人誌【妄想ラブラブショウ!】にも収録されてます。こちらもなかなかです。

他、
・接吻禁断症状中(影木×蔵王作品)
超鈍感受けの年下攻め
たぶん。だってチューだけで終わってしまうんだもん。
しかーし、『チューだけ』をあなどるなかれ。
フレンチからトロトロくちゅりのディープまで、本人がタン塩に反応して赤面するほどのキッス大量発生。お腹いっぱい。

・Fの悲劇 
ショタ弟攻めというか、弟が兄のを・・、ふ・・フぇ・・・・書けないので題名を参考に・・・。

あとは、同人誌「電気の手」の再録
・Electric Hands 番外編
・BROTHERS BATTLE 番外編
・黙して語らず瞳で落とせ 番外編
・恋愛遊戯 番外編


この本の中での一番のメイン(一桜主観)
・恋は異なもの妙なもの 番外編

例の「ズバッ!と、カット」のエッチシーンを思う存分お楽しみください状態。
絵がちょっと可愛くなってます。とくにマジメガネ田村が。

「もうっ・・・・・キてっ・・・・・」

なんて、欲情した顔で言われたときにゃー、
うおりやぁっ!と、私の方がハメはずしてがっつきそうです。
家でもガッコでもマジメガネ田村が発情中で、可愛くてしかたありません。


ブログパーツ

恋は異なもの妙なもの

恋は異なもの妙なもの (ディアプラスコミックス)恋は異なもの妙なもの (ディアプラスコミックス)
(2002/01)
蔵王 大志

商品詳細を見る

西和鳴海×田村柾文

田村は幼い頃からたびたび予知夢を見ることがあり、それは100%当たる。
中学生のある日、男とエッチする予知夢を見てしまった。
そして、高校に入学したその日、とうとう会ってしまう。
夢の相手、西和鳴海に・・・。

気の強いマジメガネ(勉強出来て、尚且つメガネ)受けの、ヘタレ攻め。
ありがちだよねー。
でも、優等生タイプが、欲情した顔ってソソられる。
悲しいかな、ウチの旦那様はそのタイプなんだけど、そそられない。まるで。皆無。

う゛ーん。。。  年齢の壁か?

ちなみに、田村は特に優等生ってワケではない。ホモな予知夢を見てからは、
愛読書=エロ本 ですから。
(女が好きだというアピールの為。いつでもどこでも片手にエロ本)

この作品は今までのと違って、ドロドロ値(もしくはヌルヌル値)が高くなってる。
で・す・が エッチシーンはズバッ!とカットです。(ページの関係らしいが)
さぁ、これから!って時に容赦なく!
でも、そのカットされた素敵なぬるグチャなシーンはコチラで戴けます。しかもガッツリ。

西和×田村も良いけど、そのお友達の織田と北条も気になる存在。特に北条。
北条主役で1本書いてもらいたい。攻受どっちでも良い。
作者曰く、北条は【クールビューティ】なので、どっちでもいける。
クールビューティーになりそこねた田村が受けなので、出来れば北条はキチク攻めで。
美しい鬼畜は怖いです。  でも、怖いほどに・・・

うきゃー!!



ブログパーツ

おお振り。やっと2巻だよ。

このアベベ、素敵 顔じゃなくて、腰が。
 
おおきく振りかぶって (2)おおきく振りかぶって (2)
(2004/08/23)
ひぐち アサ

商品詳細を見る

西浦ーゼいち、私を萌えさせる、ていうかヨダレの主成分、泉孝介。
原作はキョーレツにブッ細工なんだけど、武蔵野の試合を見学してる時
待ちに待った美人バージョンでしたわ~。

描く率が高いせいか、三橋と阿部に関しては確実に画力アップしてる気がする。三橋の寝顔とか食べちゃいたいし。(絵を描けないくせに上からものをいうオンナ。一桜)
原作者が女性だからなのか、女子は可愛い。モモカンはそーでもないけど千代ちゃんは
フツーに可愛い。
やっぱ、女の子って、まず女の子を描くもんね。この私でさえ、女の子の顔はヘタなりに描けるかと。だから女子の絵は可愛いのかなー。自分勝手な分析結果ですけどー。

三橋ママ、高1の息子をHUGHUG出来て良いなー。(ハグってか首締めてるっぽいけど)
「良いな」って、変な意味じゃなくてね。  いちお、念押し。
…だってぇ、未成年好きのホモスキーだと思われてるしぃ。(「てか、そのとーりじゃね?」とか言わないように!)
単純に、そういう親子関係って、良いなって。
ハグもそうだけど、ボルボで通学とか、両手に肉まんとかって、アニ振りであったっけ?
食い意地張ってるミハシ、子供みたいで可愛い。

あと、田島の「チン●って、日焼けすんのかな?」も。モモカンが「イケナイ!」と田島に怒ったのは、アニ振りでは、日焼けの為に服を脱いだ田島に対してかと思ったけど、
原作読むと、パンツまで脱ごうとしてる田島を怒っている様にみえる。
どっちでもいいけど、田島はオナニーやらチンコやら思ったこと口に出すの好きだね。
同年代の女の子にモテなそう。

やっと2巻終了だー。萌えないと、こうも進まないものなのか。
そーいや、こないだ来たDVDの存在、今のいままで忘れてた!


Color

こんばんみ。
今朝方パイパイで何度も起こされたので寝不足で頭痛のする一桜です。
昨日に引き続き自己満企画続行中です。

Color カラー (ディアプラス コミックス)Color カラー (ディアプラス コミックス)
(1999/02)
影木 栄貴、蔵王 大志 他

商品詳細を見る

何かとシンクロ率の高い影木栄貴と蔵王大志をモデルにした、本人達による合作。
これが、ホモじゃなくて百合本だったら、リアルで読みたくないかも。
【架空です】といわれても、架空には思えなそう。

ロン毛→津田貴代→蔵王
短髪→藤原栄→影木

初め、栄の方が可愛らしくて女の子みたいだったから受けかと思ったらバリ攻めだった。
何もかもが初めて、経験値ゼロの2人なので、「キスの仕方が分からない」と、とにかく初々しいのが売りだったのに、初体験終了後の次のページ(第4話)冒頭からイキナリ3年後で、巻末4コマを引用すると↓、
もうバリバリにやりまくった体でのセックス
から始まるんだけど、この時の栄の眼がキチクで、それだけで、メシ3杯食えます。

「タカシロくん、うしろからされるの 好きだよね・・・」
ハイっ!好きっ!
ついついアタシが返事しちゃうね。
あー、スイマセン。好きな体位情報とか要らんですよね。

こうやって、1つの作品になると、2人の絵は本当に似てると実感します。
そして、影木栄貴のポジションがますます羨ましくなります。
いっその事デキちまえば良いのに。



ブログパーツ

バンブーブレード #6

ダン君って、ハートがオトコマエだー!

武礼葉 珠ちゃん、かーわいーいなぁ~。(結局いつもこれ)

Electric Hands

さっきから始まった、一桜の自己満企画。蔵王大志強化週間中です。

Electric Hands (ディアプラス コミックス)Electric Hands (ディアプラス コミックス)
(1998/10)
蔵王 大志

商品詳細を見る


Electric Hands
手フェチの藤野は、同級生の滝江の手に触れられると電流が走るカラダになってしまった。
電流=快感だと気付いたと共に、それが滝江への恋愛感情だと知らされる。
晴れてカップル成立。
しかし、二人のラブっぷりをウザがるクラスメイト(大塚巴晴)も居るわけで・・・

BROTHERS BATTLE
前出のクラスメイト大塚巴晴(高2)メインの話。
母子家庭の巴晴の母が再婚する事に。再婚相手の連れ子亜紀(中1)&由紀(高1)。
2人が揃いもそろって巴晴LOVE。
耳を食み、カラダが見たいという弟、由紀。キスを迫る弟、亜紀。
家でもガッコでもホモに囲まれて生活をしている巴晴は、すっかりホモ嫌いになったのでした。

恋愛遊戯
母子家庭の高己(高1)×父子家庭の海里(小6)
母の会社の社長の息子に襲われる高校生の話(はしょり過ぎ・・・)

黙して語らず瞳で落とせ
先輩を視姦する、陸上部員の話。(はしょるにもほどがある・・・)
端折ってはいるけど、この本の中じゃ一番のエロよ。絵の中に水分がタップリ。


全体的にはそれほど。。。って感じですが、亜紀と海里が可愛い!
ハイ。ショタですから私。(とうとう自白)
ガキのくせに2人共  っていうのが良いよなー。
でも、体格がちっこい分、攻めきれないとこが、ますます可愛い。
でも口だけは達者。そんな2人の攻撃アイテムは【無垢な瞳】
汚れない瞳で見つめられると、みんな陥落しちゃうんですよねー。

子供はいいなー。スネ毛もヒゲも生えてないし。ツルツルだよー。



ブログパーツ

蔵王大志

今、一番好きな作家です。(BL系で)
実は、初めは男性の方かと思ってたんですよねー。名前だけで。単細胞なので。
男のくせに可愛い絵を描くなぁ。って。
きっかけはBL小説の挿絵でした。巻末の四コマ漫画が面白かったので、
もしかして、漫画とか描いてる人?と思って探したら、ザクザク出て来ました。
それが始まりですね。

キャラの顔がとにかく好き。特に可愛い系が大好物です。身体のラインも好き。
でも皆、いやに前髪が長い。まあ、漫画なんてどれもそんなもんすけど、
マジ長すぎねぇ?ってたまに思う。

前髪はさておき、大胆な線の絵も魅力だけど、ギャグセンスも好き。1つの作品の脇役が、他の話では主役になってたり、作品同士のリンクっぷりが激しくて
(裏を返せば手抜きなのか)全作品読まなきゃ気が済まなくなります。
それは同人誌にも波及していくので、そちらも死ぬ気で追いかけます。
(同人誌のハナシはまた今度)

つだみきよんとこでも書いたけど、求められたら身体を開く覚悟です。―― ウソです。


きっかけになったBL小説↓
キスの温度 (新書館ディアプラス文庫)キスの温度 (新書館ディアプラス文庫)
(2002/12)
久我 有加

商品詳細を見る

ついでにコノ作品のレビューですが、あんまエロくないです。そこが好きです。
しかし、胸キュン度はヒジョーに高いです。何かもう「胸がカユイ!」って感じ?

あらすじ(本書より)。。。
忘年会の夜、アルコールの酔いに流されるように麻生と寝てしまった智里。
それ以来、毎日のように部屋に来てはキスだけを繰り返す麻生に、智里は戸惑いつつも抗えずにいた。
―――以下略

胸の奥に生まれた不確かな感情に、もがき翻弄されてる智里が歯痒くてねー。
そんでもって、

あー、こういうキスされたい・・・。
と、ヨダレを垂らすこと請け合いです。エッチとかどうでも良くなります。
とにかく、チューなのですよ。キスという単語がやたらめったら出てくるくらいにチュー三昧なのですよ。


                            いや、そこまでではないかも知れないけど・・・。


「キス温」のサイドストーリーというか、麻生×智里の友達、
仲本×藤崎のハナシがコレ↓
光の地図―キスの温度〈2〉 (新書館ディアプラス文庫)光の地図―キスの温度〈2〉 (新書館ディアプラス文庫)
(2003/08)
久我 有加

商品詳細を見る

仲本→藤崎のことが好きなイケメン男子。
藤崎→可愛いくせに、、妙にオトコマエな性格。

まあ、読んで。


この2作品の素晴らしいところは、BL作品のほとんどが目を瞑っている
男同士のカップルの不毛な未来に、敢然と立ち向かってるんですよね。
ホモカップルには風当たりの強い世の中を、2人でどうやって乗り切って行くかとか。
彼らの身内も、現実世界の人達のように、そこんところを問題提起しているし。
ご都合主義な他のBL作品とはひと味違いますよ。

この作家(久我 有加)の挿絵を書いた事も手伝って、なおさら蔵王大志が好きになったのかも。


ブログパーツ

灯台下暗し

うそこのじゃない脳内メーカーをやってみました。
うちの旦那様の脳内・・・

オンリーでしたー!!

脳内全部、男男男・・・
男と言う文字でハートの形が形成されてました。
発する言葉も「男男男・・・」

データはワケアリで貼れないので写真撮ってみた(追記にて)


・・・ガボーン・・・


まさかこんな身近にホモが居るなんてー!・・・って、
ワタシの存在って一体・・・。


旦那様に、この素晴らしき結果を教えて差し上げたら、
「でも、脳内メーカーって《願望》らしいよ」  だって。
ソレはソレで、いただけません・・・。むしろそっちの方がイヤかも。


Read more...

ご愁傷さま二ノ宮くん #5




先週から始まった冒頭のBL同人誌のくだりが楽しくてしょうがありません。


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

昨日、行って来ました。
うちの近くのシネコンじゃ、今日が最終日だったので、滑り込みセーフです。
しかも映画の日だったので¥1000。ラッキー。
旦那様と二人で行って、共に違う映画を見て帰って来た。
さすがにアニメはキツイそうで。。。
エヴァの事、「エバン」とか言っちゃう人ですから当然です。

旦那様と別れて劇場入りしたら、超ガラガラ!
シネコン
↑予告が始まる直前でコレ。(前から3番目のブロック最前列の一番端っこからの眺め)

いかにもな風の男子ばっかしが居た場内。
自分の事は棚に上げて「このオタクどもが!」と毒づいみてた。もちろん心ん中でね。
みなさん、前から2ブロック目の最前列にズラズラと・・・。

―――さすが。

首も目も疲れそう。そこまでして綾波レイに近づきたいのか?


エヴァは、シネコン内で最大の収容人数465人のスクリーンだったんだけど、実際30人居たかどうかも怪しい。
あんまり人が居ないもんだから、前から3番目のブロックの最前列の真ん中という
スクリーン独り占め感覚を味わえる席に移動しました。


さて、感想ですが
TV版を大きい画面で観てる
という、フツーの印象から始まりましたね。

だが、やはし腐ってるんでしょーね。
碇シンジの全裸やら、病室で寝てる姿やらを観て
かわいー。ほそーい。こりゃ、受けだわー。私がホモだったら狙うね。
そりゃもう呪いのように頭ん中でブツブツブツブツ・・・・・・・・・・・・
でも、でもでもでもでも本当は、かなり


お母さんな気持で観てました!


母になると、こうも世界が違って見えるのかと思いましたよ。
私のエヴァ歴は浅くて、TV版を観たのはほんの2年前で、そんときは

シンジに対して、
この弱虫!
とか思ってたけど、今回は

寄ってたかって子供をいぢめるなー!

の、一辺倒で、かなりシンジ寄り・・・。
父ゲンドウの酷さは相変わらずですが、葛城ミサトですら嫌な子に思えてきた。
綾波レイが、あまりにも淡々としてるので、それに反比例するシンジの内面を「精神力の弱さ」で片づけてたけど、今思えば、あの子はそれなりに強い子だと思う。


ボクハ、イラナイ子?
何故、ウマレテキタノ?
ドウシテ、此処ニイルノ?



分かるわぁ。この気持ち。
奇しくもシンジと同じ中学2年の時、同じ精神状態で人生終わらせそうになった事があるので、尚更シンジの味方になってしまう。

「父さん、出してぇーーーー!!!」と、エントリープラグの中から叫ぶシンジ。
もう、お母さん、どーして良いやら~。シンジ耐えろぉー!

嫌いだけど、認められたい。恨んでるけど、愛されたい。
もうっ!分かるよシンジ!結局最後は求めてしまうのよねー。
ゲンドウのバカー!!!!

お母さんなんだか、同列なんだか・・・とにかく、終始涙ぐみながら観てて
ヤシマ作戦の時、とうとう泣き出しましたよ私。
エヴァで泣くとは・・・。ありえねー。


その他感想は、
使徒の死に方がTVシリーズ以上の大迫力だったなー。
ヒギャー!ブシャー!ドボドボー!ズーーーン!

カヲル君。。。

そして、
綾波レイの乳首出血大サービス。前列のオタク共の目的はコレか?


それにしても、迫力あったなー。
大画面で尚且つ、超最新最強の音響システムに加え、今回初めてウィンブルシートで観ました!
+200円だけど、大正解!
映画の音響に合わせて椅子が振動するんだけど、ホントにもう凄かった!
気持ち悪くなるのでは?という不安はどこへやら、腰痛にすら気持ちの良い振動。


旦那様とほぼ同時刻で終了だったので、ロビーで待ち合わせ。
いかにも「泣いたでしょ」な目をした旦那様に映画の感想を訊いたら
話してる最中にまた涙ぐんできちゃって、
「オレ、ちょっとトイレ行ってくるー」
と、行ってしまった。
旦那様を泣かせたのは【自虐の詩】です。
堤幸彦 監督なので、小ネタが沢山あって面白くて、尚且つ嗚咽寸前になるまで泣けるそうですよ。
旦那様も「親になったからこそ、こんなに泣けたんだと思う」言ってた。
子供が生まれると涙もろくなるという説は本当ですね。