PERSONA -trinity soul- #4

物置で、兄に羽交い締めにされ、胸を執拗に弄られる弟。
倒れた弟のカラダを押さえ込みながらベルトに手をかける兄。
必死に抵抗する弟。


オマエの恥ずかしいトコを発掘してやるからな」
冷たく言い放つ兄。


みたいな?



冒頭からコレですもーん。まいったなー。

というのはウソで。
物置で慎が、羽交い締めにした洵の脇の下をくすぐり、倒れた洵が「くすぐったい~」と
もがいてるのを更にしつこく くすぐって、

「おーっし、んじゃ俺も、オマエの恥ずかしいのを発掘してやっからな」と、
洵から自分の昔のテスト用紙を奪い返しながら慎が言う。

が、真実なんですが・・・。ほら、今週は腐女子weeeeeeeeeeeeeeekですから。ね?


今回は、洵が色々・・・。
いつにも増して、精神面が危うく揺らいじゃってる感じ?
う●こ兄ちゃんが、ハッキリしないからいけないんだよ。てか冷たい。
何も明かさないし。それらは、弟たちを愛する上での行動(というか沈黙)なんだろうけど、2人が可哀想かな。
諒が本当は一番辛いのかも知れないけど(という展開は定番)

「くじらのはね」に似ている羽。
足元にその羽を纏いながら立っている赤い服の少女・・・少じょ・・・?
顔コワっ!


いつものごとく、気のない感想文。
エロいとこだけには魂注入!全力投球!!!




次回、「強いられた結合」





え?





いいのかなー。まいったなー。



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback

ペルソナ PERSONA-trinity soul- 第4話「くじらのはね」

アトリエから見つかった絵本『くじらのはね』。 慎たちの両親が最後に書いた作品…。 兄弟3人だけになったけど、むかしのようになれるかな...

(アニメ感想) PERSONA ペルソナ -trinity soul- 第4話 「くじらのはね」

PERSONA-TRINITY SOUL- かつて両親の仕事場だった生家のアトリエで、思い出の品を探しあてては慎に見せる洵。日頃の愛想が良いとは言えず、どちらかといえば天邪鬼な弟のしおらしい態度に少し戸惑い気味の慎。亡き両親の最後の共著である絵本『くじらのはね』を見つけ?...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。