しおんの王 #17

そっか忘れてたよ事件の事。
前回に引き続き、のっけから久谷と羽仁名人のガチホモ対決だったもんで。

やぱ、あまりにも歩くんが別人すぐる。
髪の毛を切ると顔が壊れるなら、私は一生髪を切りたくありません。
背が伸びたり縮んだり・・・。
きっと背が伸びた時に羽仁名人の服を着たからサイズが合ってたんですよ。
あの身長差でサイズが合うハズがねぇ。

悟の意地悪はシオンの記憶を引き出す為のものだったのか。
そう思うと悟が可哀想になってきた。



血塗られた手で将棋を指す安岡パパ。
「駒の音を聴け紫音。駒がすべてを教えてくれる・・・。」
パパから→違う男へと記憶が入れ替わる

≪あれは、お父さんじゃなかったんだ・・・。
8年前からずっと私の将棋は犯人との絆だったんだ。≫


と、自分の記憶と戦う紫音ちゃん。


・・・え?
はい。ちょっと待って下さい。
あの言葉はあの状況で言われたと思ってたのかな?しかも安岡パパから。
て事は、両親を殺したのは安岡パパだと思い込んでたの?
なのにあんなに懐いちゃって、ひでーオンナだな。

まあ、そういうこっちゃないと思うけど、
作り方がエゲツないので、そういうふうに誤解する。


突っ込みどころがあり過ぎて、ついつい感想を書いてしまう素敵なアニメ。



Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。