CLANNAD #19

常に監視され縛られるのと
         無関心に放置されるのでは、



どちらが辛いのだろうか。
私は前者でした。
だから朋也の家庭環境は、少し羨ましい。
ですが双方とも、自分の必要性または存在意義に疑問を感じるのでしょう。
そういった環境の割には、朋也の性格は素直だと思う。

古川家の門の広さに脱帽です。
渚パパがよく許したと思う。それは秘められた過去によるものなのかどうかは計り知れない。


Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。