のだめカンタービレ:最新刊 #20

マジメな中に潜む胸キュン
のだめカンタービレ #20 (20) (講談社コミックスキス)のだめカンタービレ #20 (20) (講談社コミックスキス)
(2008/03/13)
二ノ宮 知子

商品詳細を見る
今回は全体的にマジメなネタでしたねー。
音楽の解説の部分、この時はいつも自分の目が宙を彷徨ってるのが分かります。
要は、頭に入ってこない・・・orz。

今回は、峰くんがコンクール会場で清良に見つからないようにコソコソしてんだけど
清良にはバレバレってのが可愛かった。

ついでにいうと、千秋(出費)・のだめ(セレクト)の長靴を履いて乙女な声を発してる真澄チャンも可愛い。

前巻でターニャにキスされ、色んな感情のごった煮によって本当に青緑になってしまいそうなクロキンの、
まさかのプロポーズ・・・・・・的な「オレん家 来ない?」
いや実際もっと本気モードなセリフで、しかもその場の人間ドン引きな威力を発してたんだけど。
人と深く関わるのが苦手そうなクロキンから、そんな言葉が聞けるとは。

キスといえば、のだめと千秋のキスは、いつも自然でエロさがないし、胸キュンポイントも高く
なんとな~く幸せになります。希少価値高いので「良いモン見た」みたいな気になっちゃいますね。
昔と比べると気持ちが通い合ってる感じがいいなー。
今後、ワンステップアップで、千秋がのだめの後頭部に手を当てて引き寄せるようなキスなんかしたりしたら、
胸キュン発作で死ねます。

で、つい思ってしまうのが、
まだキスしかしてなそうな二人だけど、真一君の性的な処理はいかほど?みたいな。
そんな下世話な考えが浮かんではブッた切るの繰り返しをしてます。
のだめにエロは禁物デス。なんとなくイヤです。
なら想像すなっ!ってトコですがそれは無理じゃけぇ。性(さが)じゃけぇのう(誰?


今日1日、チビ太がベッタリで離れないので、ほとんど仕事が出来ず今も、私の腕の中です。
片手の入力(しかも左手)はストレス溜まる!

あー、なんか ほのかにウ●チのかほりがしてきたぁ。。。。。


明日は おまえにライジング!!

峰の意味フメイ語録の一句。


ブログパーツ

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。