PERSONA -trinity soul- #12

私からペルソナを出すのは難しいらしいです。
諒兄ちゃんでさえ年齢的にムリが生じてるのに・・・
怪しいクスリを飲み続ける諒兄ちゃん。そのクスリに身体を蝕まれ苦しむ諒兄ちゃん。
次回予告で血を吐き雪原に倒れている諒兄ちゃん。
どうなる諒兄ちゃん!!!


ふりふりエプロンキタ――!!
前回は(とはいってもだいぶ前だけど)映子ネエチャンが
ピンコ―――ン!!と家にやってきたおかげで、
洵のエプロン姿を見そびれてたんだよねー。
この際、慎でも良いや。つか慎が良いかもww

で、映子ネエチャンがピンコ―――ン!!と家にやってきた。
今回はタイミングがよろしい。
映子ネエチャンに「似合うじゃないソレ」と言われたとき、
ぜひとも慎に、頬を染めてもらいたかった!! たかった・・たかった・・たかった・・・

洵の手術をした小松原という脳外科医。
死んだはずの彼が生きていた。九条と名乗っていてマレビトと何か関係があるご様子。


なんか、諒兄ちゃん絡みんとこが難しくて―――  ・⌒ ヾ(*´ー`) ポイ




ブログパーツ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback

(アニメ感想) PERSONA -trinity soul- 第12話 「救済者」

ペルソナ ~トリニティ・ソウル~ Vol.1 【完全生産限定版】 洵の検査に付き添い病院を訪れた慎は、10年前の事故で死に瀕した洵を救ってくれた脳外科医についての話を聞く。改めて感謝の念と、その奇跡的手腕への興味を抱く慎だが、その人物はすでに世を去っているという...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。