図書館戦争 #3

図書、あなどるなかれ。

先週いきなり手塚に告られた郁。
さてさてどーするのか?
とニヤニヤしながら観ていたら、普通に「考えさせて」だった。
ああ、なんか初々しいなぁーん。

いや、そんな恋愛事情などブッ飛ぶくらい、内容がハードになって来ましたね。

たかが本で・・・
って気もしますが、実際、表現の自由が抑圧されていた時代は、
出版物の検閲が国家において行われてた事もありましたし、
あながち無い話ではないかも。近い将来そういう未来が来るのかもしれないし。
そう考えると、とてもリアルに感じます。
こういうストーリーで見せられると、本の1冊1冊がとても愛おしく、大切にしなければいけない存在なんだと思えます。

漫画ばっかし読んでちゃイカンですよ!
いやいや、漫画も立派な図書です!
確実に検閲対象ど真ん中みたいなホモ漫画読んでますけどね!!

EDは「baseballbear」の曲なんだけど、すごくアニ振りを思い出させる。
胸がムハァ~ってなる。



ブログパーツ


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback

(アニメ感想) 図書館戦争 第3話 「小田原攻防戦」

図書館戦争LOVE&WAR 1 (1) (花とゆめCOMICS) 手塚からの告白に動揺する郁。検閲の歴史を収蔵した資料館が閉鎖──激戦が予想されるヘリ空輸作戦から、堂上は郁ひとりを外す。その真意はどこに…? 傷心の郁を残し、良化特務機関との大攻防戦が幕を開ける!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。