PERSONA -trinity soul- #17

継母と娘

わたしもソレです。

弟でなく妹だし死んでもいないけど、めぐみの気持ち
少なからず解るつもり。今回は涙ナシでは観れませんでしたww

嫉妬

めぐみが弟に感じていた人間の醜い感情。
それが常に心の中に存在していた。

小5の時に母親の心無い言葉で真実を知った。
完全に壁が出来た。

高3で家を出た。

離れたら壁が壊れた。
私の結婚式の時には、本当の母親に思えた。

めぐみと継母のように、
人間同士って、いつかは分かりえあるもんです。

でも、その時に生まれたトラウマとかは消せないけどね。
乗り越えるしかないのです。

苦難を乗り越える術を持っている、
人間てスバラシイ!!!!(おまっ・・・何者ww)

私が、アニメや漫画が好きで妄想癖があるのも、この時の現実逃避癖の延長だと思うんだよな。
おおっ!アニメといえば明日、チビ太連れて(たぶん、並の変態ヤローの旦那様も一緒)乙女ロードのメイトに行くので、子連れの浮いたオバちゃんが居たら是非
「サクラちゃーん」と声を掛けてネ☆  「ちゃん」以外には反応しませんよ!
勇者来たれです!?

アニメイトで君と握手!!みたいな?
何か昭和の香り満載なフレーズじゃありませんこと?(ゴメン、関東限定かも)

とか書きつつ内心(誰にも会いませんように・・・)とか思ってる私。(なら書くな




ブログパーツ


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback

ペルソナ PERSONA-trinity soul- 第17話「風の里にて」

傷を負った洵の治療のため、めぐみは避けてきた実家に案内する。 夜明けを待ちそれぞれ思いをはせる…。 洵を戦いに巻き込んだことで、慎は...

(アニメ感想) PERSONA -trinity soul- 第17話 「風の里にて」

ペルソナ~トリニティ・ソウル~ Vol.2 八尾町にあるめぐみの実家で、洵に応急手当を施し夜明けを待つ慎たち。自分だけが臨んだつもりだった危険な場所に近づき、負傷してしまった洵を前にして、慎は諒が自分たちを遠ざけようとした気持ちを実感する。同じ屋根の下で、茅...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。