純情ロマンチカ #7 「可愛い子には旅をさせよ」

オレだけが・・・何も知らないのかな・・・。

美咲チン。今回も色んな意味で、ぐちゃぐちゃです。



相川の
「二人ったらまるで、恋人みたいなんだから~ん」
の言葉に悩む美咲。
7-悩む人
《オレ、ウサギさんと付き合ってんの?》
悩む・悩む・悩む(ry

つか、そもそも「コイビト」って=何?
ちょっとウサギに訊いてみたり・・・してみたり・・・

「俺たちも付き合ってるだろうが・・・」に衝撃を隠しきれない美咲チン。
7-6.jpg


ウサギ曰く、
「一緒に暮らして寝食共にし、
お前のソレやコレをぐちゃぐちゃにして、
あんな事をして、そしてアレとかコレをねじ込み挙句の果てには・・・
ココまでしてナゼ付き合ってないといえる。」



それでもどうしても認めない美咲は、ウサギとデートをする事になった。

そこへ、丸川書店の井坂登場。
ウサギの子供の頃の話など、美咲には分からない話をし出す井坂。
それを聞きながら、自分はウサギの事を何も知らない事に気付く。
7-8.jpg

そんな時、井坂が
7-井坂
「いつまでも意地張ってないで、俺のモンになれよ。」

な・な・な・なんですとーっ
美咲チンに衝撃が走る!!!
でもこういう時の衝撃って、相手への気持ちに気付くこと多いよね。

そこへ秘書の朝比奈参上。
7-12.jpg
何気にココで朝比奈×井坂フラグ、立ちませんか?

観覧車 井坂に嫉妬心剥き出しの美咲チン
7-15.jpg

そんな美咲の可愛い反応に喜ぶエロ小説家。
7-16.jpg
「家に帰ったらお前抱くから」

出たーっ!家に帰ったら抱くから・抱くから・抱くから・・・。
地上波の限界を知ったので、この後の展開は期待しなかったんだけど、
7-ウサミサ
想像通りの期待外れでした。
原作では、家に帰るなりベッドに行く間も惜しくて、玄関で始めちゃう。
その、二人の切羽詰まった雰囲気に、腐女子のカラダも切羽詰まっちゃうんだk・・・

「口と指。どっちで触って欲しい?」
「ちょ・・・っ、そんな一緒に、触ったらっ・・・・・あ・・・っん」


ていう展開、観たかったな・・・。

で、観覧車デートが早速、自分主演(?)のBL小説のネタ元になっていて・・・
7-BL.jpg

怒り狂う美咲チン!
7-21.jpg




そんなこんなで悩める日々はまだまだ続き、
7-24.jpg

7-床
次第に壊れていくフビンな美咲チン。
7-25.jpg


そこへ、美咲の兄、孝浩から電話が―――。
大阪から帰ってきて、美咲を引き取るという・・・。
7-26.jpg
また切ない物語の始まりです。



すっごく美味しいらしいけど、なかなか切れないお肉。
7-9.jpg



また、いっぱい貼ってしまった・・・。
コレやると、混雑時、表示されないんだよね。ゴメンナサイ。貼りたかったんです。



ブログパーツ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback

純情ロマンチカ 第7話「可愛い子には旅をさせよ」

純情ロマンチカの第7話を見ました。第7話 可愛い子には旅をさせよ原稿の打ち合わせで煮詰まっている秋彦と相川。『煮詰まった雰囲気…打ち合わせって大変なんだな…。まぁ、俺には関係ないけどね』「ウインナー、タコ型にして」「はぁ!?打ち合わせしてんじゃないの?」「...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。