隠の王 #9

今回はアレですか。「同人要素」ってやつでしょ?
まー、120%違うでしょうけど。

壬晴:「関って誰?」
雲平:「一緒に暮らしている人だ」

隠9

壬晴:「俺、やっぱりウチに帰る」
隠9-2

雲平:「おい!今更ナニ言ってるんだ」
隠9-3


連れ戻される・・・。
隠9-4
《これからボクは先生に、あれやこれやのお仕置きされるんだ・・・・・・・・・ちょっと楽しみだな。》

ラストは置いといて、全部私の腐れ妄想じゃなくてモノホンの展開だもーん。
せっかく雲平先生の家にお泊りで、甘い時間を過ごせると思った壬晴ですが、
先生が独り暮らしでなかった事に嫉妬したみたいなていで。

今回は色々とゴチソウサマな感じで、いつも以上に美味しかったです。



とうとう雷鳴の望んだ兄妹喧嘩が始まりますよ!
隠9-10




終始無関心な壬晴チンですが、最近すっかり感情的になりましたね。
隠9-7





ブログパーツ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback

隠の王 第9話 「前奏曲」

雷光は、灰狼衆の制裁担当の「分刀」となっていた。 始末した死体に残した彼岸花…。 ニュースで彼岸花のことを知った雷鳴。 5年前に家族...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。