PERSONA -trinity soul- #23

最後は慎と・・・

叶鳴、とうとう逝っちゃいました(涙
ペルソナ23

言い換えれば耐用年数切れによる停止になりますけど。
全編叶鳴のターンといっても過言ではない今回。いつも以上に叶鳴に感情移入してしまった後での
コレですから、慎でなくても涙がでます。ええ、泣きましたとも。

吐く息が白く煙る中、静かに語る叶鳴。それに耳を傾ける慎。
叶鳴は自分の最後を悟った上でソコに居るけど、慎はそんな事は夢にも思っていない。
そんな二人の温度差というか思考の違いが、ますます泣けてきます。

叶:「神郷くんの目に私はどう映っていますか。普通の女の子に見えますか。」
慎:「普通っ・・・ていうかぁ・・その・・・すごく・・・可愛いと思・・う」


照れながらこんな事言っちゃってますから。
でも、叶鳴ちゃん嬉しかったろな。
慎の肩に寄り添いながら静かに去る叶鳴。
口元から立ち上るはずの白いモヤが消えている描写にますます涙。

慎の携帯へはきっと叶鳴の真実が告げられたのでしょう。
ペルソナ23-3


次回は諒兄ちゃんになにやら動きがありそうですね。






ブログパーツ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback

ペルソナ・第23話

「絆を抱いて」 意識を取り戻した叶鳴。無事であった慎に息をつくものの、しかし、彼女の心にあるものは…。 ということで、叶鳴のエピソ...

PERSONA - trinity soul - #23 絆を抱いて

 うーん・・・。この作品、もうちょい面白いドラマが展開してくれると期待してたんですが・・・。

PERSONA-trinity soul- 第23話「絆を抱いて」

 稀人のエピローグで叶鳴のラスト回です。 遅ればせながら中島たちが稀人の本拠地にやって来てイロイロと調べてアヤネの依り代などを回収して行きました。慎とめぐみや叶鳴には大したケガはなくて、でも卓郎が背中に火傷を負ってしまいました。洵は……諒が連れて行って...

PERSONA -trinity soul- 第23話「絆を抱いて」

静かな眠り。

(アニメ感想) PERSONA -trinity soul- 第23話 「絆を抱いて」

ペルソナ~トリニティ・ソウル~ Vol.3 自身の記憶が造られたものであり、九條によって操られていた事を知った叶鳴。失意の中、叶鳴は仲間達に別れを告げてひとり海へと向かう。だが彼女が立っていたのは、慎とのささやかな思い出が刻まれた場所だった・・・。

『PERSONA ~trinity soul~』第23話「絆を抱いて」

「私のほうこそありがとう」 警察により、無事保護された慎たち。 拓朗は背中にやけどを負ったものの、他に怪我人はいなかったようで 守本...

ペルソナ ~トリニティ・ソウル~ 第23話 叶鳴の最後の呟きは・・・

■第23話 絆を抱いて 前回、遂にクジラの中で慎は洵と、そして諒と再会を果たすのかに思えましたが、 残念ながら諒と会話する事無く場面は...

ペルソナ PERSONA-trinity soul- 第23話「絆を抱いて」

人が造りしもの…。 その体も記憶も偽りのもの…。 ただ、人としてすごした刹那の時間だけは真実。 その記憶を忘れたくないという思いも―...

アニメ「PERSONA -trinity soul-」 第23話 絆を抱いて

守本叶鳴。彼女の中の時間は止まった。 あー、やっぱりそうなったか……、「PERSONA -trinity soul-」第23話のあらすじと感想です。 今回は多分暴...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。