FC2ブログ

「あかないとびら」 鈴木ツタ

ホモがリアル。
51yqH7xM2HL__SL500_AA240_.jpg
「このマンガがすごい!2008」で今注目の短編作品として挙げられており
BL作品ランキングでも第3位だったものです。

表題作の「あかないとびら」(「合わない鍵」)
ノンケの先輩(表紙の彼)の仕事を手伝う事になったゲイの後輩(先輩が好き)
後輩の放つエロモン(エロいフェロモン)に負けた先輩、
後輩にご奉仕の強要。
きっとドMであろう後輩は、大好きな先輩のを銜えただけで昇天寸前。

先輩の鬼畜っぷりと、大人しそうな顔して意外にもそっちに関して躊躇のない
むしろ積極的な後輩のやりとりがウケます。
てかマジ後輩の考えてる事がエロいことばっかで、悲壮感がまるでない。
”健気野獣受け”というヤツです。

《どうすればアレを俺のお尻に挿れてくれるのかなぁ・・・》
と、枕を抱えて身体を火照らせながら夢想したり
先輩に再度ご奉仕を命じられた時も

ウォ―――ッ
ヨッシャ―――ッ
いただきます!!
有り難う神様!!


と心中お祭り騒ぎ。

結局先輩のオチ●チンは念願かなって後輩のお尻にインサートされるのでした。
「おめでとう!」
つい、言いたくなります。



他収録作
「みにくいアヒルと王子様」「王子様の恋人は」
田山の好きな女の子が「王子様」と憧れていた立花。その立花のバスケの練習を見にいくのに付き合ってたら
いつしか田山にとっても立花が気になる存在に。
キレイな顔で、成績優秀。男にとっては存在自体が嫌味な立花。
そんな立花とつるむようになったある日、田山の家に来た立花。
夕食後眠っている立花にキスをするが・・・

立花はとんだ鬼畜王子だった。その変貌ぶりが堪りませんよ。
うわぁ酷いオトコ~って思っちゃった。でも、彼からすると愛情表現の一環らしい。
まあ、愛があるなら良いけどね。



「冷たいさびしがり」
いきつけのコンビニ店員に恋をした男の子(私からみたら男の子)の話。
彼に会いたくてついつい深夜のコンビニ通いをしてしまう男の子ですが、
とうとう話しかけるチャンス到来!

が、いきなりキスをされたかと思ったら、公園の茂みでフェ●ですか――!!
なんて素敵展開!あげく顔射。
確実に受けだと思ってた男の子が攻めだったんで
とにかくソコにビックリ!!!



「あかないとびら」(番外編)
鬼畜メガネの隣人はアノ人たちでした。



とまー充実したホモライフを送らせてもらいましたよ。

あ―あ。私にチ●チン付いてたら 即、男の子にブチ込むのに!

と、素直に思わせる1冊です!(おまっ・・・



ブログパーツ

Comment

Comment Form
公開設定