S・A ~スペシャル・エー~ 第14話

  • 2008.07.11 18:15
  • Cat:S・A
「ボクはいくらでも悪になってやる」
sa14a.jpg

誰かに裏切られた
悲しさやくやしさなど
知らなくて済むなら・・・

だって君は、
初めてボクに少しの幸せをくれた人だから

ただボクは、
君に笑って欲しくて

裏切られて、
悲しい顔をさせたくないんだ。


sa14B.jpg

前回までは(特に前回)
八尋、超怖ェェェェ!!!!
恐怖!ストーカー並の独・占・欲

とか思ってたけど、
お金目当てに明に近づく人間を排除するための行為だったとはね。
「明ちゃんはボクとだけ遊んでればいいんだよ。」
に、そんな気遣いが込められていたんですね。

八尋って、
ただの不器用な良いヤツじゃんかよ。



前回からOPとEDが変わりましたね。
前回のEDは、カラダの細胞の均衡が保てないほど、三半規管がブレそうになるほど
殺傷能力ハンパなかったけど、今回のOPのイケメン4人衆の歌声は
まあまあ許せる範囲でした。
総じてOPもEDも、勢いに乗じて聴き手のこっ恥ずかしさも飛ばしてくれてると思います。
どっちにしろコマ送りの刑ですけどね。
sa14C.jpg



それにしてもチビ八尋、可愛かったな~。


ブログパーツ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback

S・A ~スペシャル・エー~ 第14話 「守りたい・ごめんね」

S・A ~スペシャル・エー~ 第14話 「守りたい・ごめんね」の内容と感想です。 テレビアニメーション 『S・A~スペシャル・エー~』 第...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。