西洋骨董洋菓子店 ~アンティーク~ レシピ11

つい母の目で見てしまう

ホモ話は笑って見られるけど、
子供の誘拐ネタは、チビ太と重ねて見てしまうので
本当に辛いです。
可哀想で可哀想で、泣きたくなります。

いきなり、高校生のホモ談義。
その時は小野を庇う橘だけど・・・

橘が男同士のソレを嫌うのは犯人との
「ああ・・・可愛い子だ・・・私の・・私の・・・」
がトラウマになってたんだねー。

小野に告られた時の「ゲロしそうになぁ。死ねホモ!」とかゆう橘は酷いと思ったけど
父親にすら嫌悪感を抱いていたなんて。


本当はアイツにあんな事言いたくなかったんだ・・・



それにしても、
宇田川さん、イイ味出しすぎです!



ブログパーツ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback

西洋骨董洋菓子店~アンティーク~ #11 「真相の快味」

犯人↑ ・・・ ・・・ ・・・ではありません。 橘と張り合う気の強いクルクルパーマ常連女性客のご主人です。 しかしスゴイですね、この...

「西洋骨董洋菓子店~アンティーク~」第11話

レシピ11「真意の快味」幼いころに誘拐されたことがトラウマとなっている橘。巷では、そんな彼の幼児体験を彷彿とさせるかのような連続幼児誘拐事件が発生し、メディアを騒がせていた。橘は未解決のまま長引くこの誘拐事件に漠然とした何かを感じる。そんな折、被害者の...

西洋骨董洋菓子店~アンティーク~レシピ11

アンティークはご覧のスポンサーの提供でお送りします。 今週は小野始まりが・・あんなだっただけになんか切羽詰った感じです・・この小野もなんとなく怖いもの~;;;どーよ小野・・ タイプか?!まず何よりもソノ心配wwwサツを見るといまだに逃げ出したくなる衝動...

西洋骨董洋菓子店 ~アンティーク~ 第11話 「真相の快味」

アンティーク全面協力の下、いよいよ本格的に誘拐犯の捜査が始まって・・・

西洋骨董洋菓子店~アンティーク~ 第11話感想

レシピ11  ヒロシは少年時代に誘拐された時、犯人に人には言えないようなコトをされちゃった!!  ……と、ママンは涙します。  今回は話...

西洋骨董洋菓子店~アンティーク~ レシピ11「真意の快味」

西洋骨董洋菓子店~アンティーク~の第11話を見ました。レシピ11 真意の快味「あの子が誘拐された時、もしかしたら人に言えないようなことされたのかもしれないわ…ぅ…もしそうだったら…っ」「…!?」「あぁ…可愛い子だ。私の…私の…」「お母さん!!」誘拐された犯人の...

西洋骨董洋菓子店~アンティーク~ 第11話

レシピ11 「真相の快味」 誘拐事件の捜査に協力する事になったアンティーク。 この誘拐事件の犯人は、橘の誘拐事件と同一人物なのか…...

西洋骨董洋菓子店~アンティーク~ 11話「真相の快味」

『子供の頃の記憶。誘拐されたときの悪夢。拭い去れない闇。橘は未解決のまま長引く誘拐事件に漠然と何かを感じていた。警察は、被害者の胃...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。