【17才の密かな欲情:初回限定版小冊子付き】 高久尚子

先生の純愛から始まる・・・
51HvqWpzmeL__SL500_AA240_.jpg

なんか気になってはいたんだけど、既に書店にはなく
ヤフオクでは高値だし・・・いっその事、散財するか・・・
ダメもとで【まんだらけ】に行ったらありました!しかも半額で!
神様ありがとー!!!

つー事で、高久作品初読みです。
大好きな作家さんになりました!
顔とか身体のラインとか超好きです。



昔ピアノ教室で知り合った10歳年下の凛を未だに想っていた教師の高村。
スキー合宿で、山小屋に避難した2人きりの夜。(ちなみに2人は同じ高校)
そこで高村は「成就なんてできっこないんだから、気持ちが通じてなくてもいいから」と、
凛に想いを告げて抱くんだけど、

凛ったら、抵抗した形跡がない!
後々、高村も言ってるが、【凛は快楽に弱い】


なにコノ、最高な受け体質!!!


つまり、あっという間に堕ちたってわけね。
お陰で全編エッチしまくりだよ。GJすぎるよ高久尚子さんよー!!!



ま、そっから付き合うわけだけど、高村センセは、「気持ちが通じなくても・・・」と
思ってた割にはやっぱ、凛が自分を好きでいてくれたらと願うようになる。
でも、凛は飄々としてるんですねー。
ああ!高村先生頑張れ!!!
あたしゃ草葉の陰から応援してるよ(え?死んでんの?

ある日とうとう高村先生は「身体だけの関係は、もう嫌なんだ」と宣告。
やっと可愛い凛ちゃんは高村先生が大好きな事に気付く・・・
いや、気付いてはいたみたいなんだけど、それを伝える覚悟が出来たようです。

モジモジしながら赤面全開で「好き」と小声で囁きます。
とーぜんチン毛ボーボーで大人の高村センセは「もう1回言って」と催促するわけです。


「好きだって言ったんだ」


抱きつきながら絶叫です。




初回限定版の小冊子もエログロでしたよ。

ぐちょんぐっちょんで、ドロドロのぐちゅぐちゅ



私、高久尚子さんを、ずーっとタカヒサナオコと読んでおりました。
タカクショウコさんだったんすねー。隅から隅まで読み違えてました。
高久尚子さん大好きです!



ブログパーツ

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。