NANA:最新刊 #21

バラバラのピースが繋がり始めた
9784088568768.jpg


以下ネタバレ

いつも、NANA読むたびに私の自殺願望がなぜかしら召喚されるんだけど、
蓮の衝撃的な死によって、

自ら死んじゃダメ!

とか思ってる自分がいた。




ねえ レン
レンがいなくなってから
あたし達が目指してた未来は全て白紙になった


この言葉、悲しすぎる。。。

レンの死によって、今までの時間軸がグチャグチャのストーリーの
ひとつひとつが、ヒューって手元に集まってきたような気がした。
なんかだかシックリ き始めたというか。

そして、今回イチバンのウザ女はレイラだな。
こんな時にまで・・・なにコイツ?って思った。
シンちゃん正解。



おまけのページで譲二に
「乙女のロマンを次々と壊し続ける本編――(ry
と言わせてたので、

《ああ、作者自身もそう思ってたんだ》
と、変な安心感が生まれた私。


今回一番泣けたのは、

レンのギターケースに入っていた

ナナへの誕生日プレゼントのくだりです。


私は、病院の待合室で読んでいたんだけど、涙が溢れそうになって、
一度、そのシーンを視界から消しました。


ブログパーツ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback

 NANA 21巻

ずっと不安な未来を感じさせ続けたナレーション。  その意味が・・。その出来事がなんだったのか・・。  やっと明らかにされました。 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。