07-GHOST #5 「熱き涙、やさしく彼の心を満たし…」

「暇ならエロ本でも読みやがれ」 byフラウ
ゴースト5-1
かなりの大昔から、この表現方法には疑問がありました。
エロ本というのは、読むというよりも【見る】もしくは【掻く】もんなんじゃないかと・・・

こういうのはヘリクツですか?





テイトを舐め見ながら今晩の順番決めをしている3人。
ゴースト5-6
だったら、楽しいのに・・・

カス:「それにしてもコールに魂を売ろうとしてまでテイト君が望んだものは何なのでしょうね」
ゴースト5-2
フラ:「さぁな」

ラブ:「きっと、大切なものなんだね」ゴースト5-3

フラ:「!!!」
ゴースト5-4
その反応はナニ? テイトに惚れた?



憂いを帯びながら彷徨うテイトの前に現れたミカゲ。。。
なんで?


ゴースト5-9
「心配すんなって、コイツの看病は俺がしてやる」
「それが一番安心できねー」
すでに悟りの境地に行き着いたテイト

さりげに肩をだく手がイヤラシイゴースト5-10

そこで処方された元気になるクスリ
ゴースト5-7
この世界ではコレがエロなのか?
私が男だとして、これでチンチン勃つとは到底思えない・・・

なーんか、嫉妬しちゃったのかフラウの人となりを、悪意をもって話すテイト
ゴースト5-11

でも、あんま意味無かったみたい。
ゴースト5-12
そして、今夜の生贄はミカゲに決定! と思いきや・・・



20090610_231922.jpg

20090610_232159.jpg


ゴースト5-18
「テイト

「ミカゲ・・・ゴースト5-17

20090610_232747.jpg

20090610_232945.jpg



ゴースト5A

どんなに疲れていても、腐れ妄想は尽きません。。。癒しです。
私を癒してくれるのはチビ太の寝顔と、ホモだけだ。



ブログパーツ

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。