自殺願望

さて、早漏のヒトですが、昨晩、帰って来てからも無言でした。
結構キツイけど、喋らなくて良いのはラクだったりします。

バレーボールで対オーストラリアに勝利した事に機嫌をよくした早漏くんは
よく喋るようになりました。
今日は朝っぱらから私を羽交い締めにし、乳を揉んで来ました。 
ちょっと感じちゃいます。

旦那様に言われて気付いたんだけど、私史上最高の酒の量だったにも関わらず
二日酔いしませんでした。
とは言っても、二日酔い経験は1度しかありません。

20歳~22歳の2年間、彼氏と同棲してたんですけど、そん時に
バーボン飲みながら手首を切ろうか悩んだ挙句
箱からティッシュペーパーをすべて出し、尚且つ破り倒すという暴挙に出た翌朝
二日酔いになりました。

ちなみに自刃は今も日常茶飯事で行っt・・・
は、ないですけど週に2~3度考えます。もはや癖です。ライフワークの一環かもです。
手首を切るところを想像して(カッターじゃ切れ味が悪いので、もっぱら包丁で切ってます)、
旦那様が「もっと一桜の事大切にすれば良かった」と後悔したトコまで妄想して
満足します。一種のオナニーです。
【悲劇のヒロインごっこ】と呼んでいます。
リア友も結構このゴッコ遊びはしてるらしい。



自殺について考えるようになったのは小学校5年生の時からです。
母親に「アンタは私の子じゃないんだから!」と叫ばれてからだと思います。
でもそれによって、妹との不当な差別の理由が解明したので、スッキリはしたけど。
中2の時に人知れず自殺未遂をし(塩化銅を飲んだ。後日理科のセンセに訊いたら、
塩化銅ごときで死ぬのは難しいそうで。)
高2の冬に父親に自分の気持ちを書いた手紙を出し、高3の春から独り暮らしをする事に。

抑圧されていたが、振った炭酸の如く放出され
兄に「お前、(飛ばし過ぎて)怖い」と言われた。
まったくその通りで、一気に大人の階段を昇りましたよ。そういう意味でネ☆

結局私の自殺願望は乙女の夢物語の域を出てはいないと思うし、
いざ、「死ね」と言われても抵抗すると思う。
でも、自殺するくらいだったら「死ぬ気で現状を打破すればイイ」的な事をいう人がいるけど
死にたい人間にとっては、生きているのが死ぬほどツライんだろうし、
現状を打破する行動を起こすくらいなら死んだ方がマシなのだという事も知っています。

でも、他人に迷惑掛かるから自殺はやめようネ。


Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。