僕たちは明日に向かって生きるのだ

僕たちは明日に向かって生きるのだ僕たちは明日に向かって生きるのだ
(2005/01/31)
蔵王 大志

商品詳細を見る

大野諒太×水落佑 鈍感ヘタレ攻め。

ある日突然学校に現れた男たちは、佑(たすく)を「あげまんの息子」だと言う。
自分たちを助けると思って寝てくれないか、と。
憤慨しつつも、その力を使えば宝くじ好きの幼馴染み諒太を落とす事が出来るかも知れないと考えた佑は、力を試すために自分と寝て欲しいと諒太に迫るが・・・
(本書紹介文引用)

てな理由で、諒太を押し倒す佑。
今まで、事あるごとに暴力をふるってきた佑のソレが、実はテレ隠しであったり、
尚且つ、佑の可愛い顔や色っぽい顔を見てしまった諒太は、佑への気持ちに変化が訪れ、その正体が「恋愛なのか友愛なのか」と悶々とするのです。

佑が、佑がっ!諒太のヒザに自分のピーを擦りつけてイっちy !!!!!
佑が、佑がっ!屋上で女子にーーーー!!!
佑が、佑がっ!体育倉庫の中で男子2人組にぃー!!!

そんな(どんなだよっ!)佑が、切なげにしてると、諒太のケツを引っ叩きたくなります。
そんな話です。


脇役ではありますが、二人の相談事に毎度つき合わされる勝山君が一番の被害者かと思います。
カップル成立した後も、ずーっと、性生活の愚痴(要はノロケ話)とか聞かされるのです。
友達同士のエロ話なんて・・・。聞きたくないでしょうねぇ。ご愁傷様です。

Jガーデン用小冊子総集編【妄想ラブラブショウ!】
に番外編があります。



ブログパーツ

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。